読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICTの右耳・ブログ ~ジャンクねた~

仕事や趣味でICTに関わった事柄を、ボソボソと・・・

Windowsという壁

ビジネスシーンに於けるクライアントデバイスの環境は、WindowsというOSの壁がなかなか崩れない。
うちの会社でも、業務システムの動作保証の制約という1点で、クライアントデバイスの利用環境はWindowsから離れる事が出来ない

f:id:ict33:20170331000919p:plain

営業を中心としたモバイル利用者や管理職にはiPadを貸与しているが、利用出来るサービスは限定されてくる。
結局ノートPCとの2台持ちという運用で辛抱してもらっている。
iPadの導入には別の目的もあり、タブレットというデバイスへの慣らしや、会議のペーパレス化など、副次的ではあるが一定の効果を見た。

かつては、業務システムとMS-Office(とのデータ互換性)が、最大のネックとなっていた。
MS-Officeとのデータ互換の問題は、Office for iPadやOffice for Macの登場で、一気に解決した。
しかし、業務システムの問題は、MSやApple主導で牽引出来るものではなく、各SIerの対応如何による。

上記問題や、業務システムが持つOffice関連のAPIの問題なども考慮すると、やはりVDI環境の構築を考えなければならないのかと思う。